記念品やノベルティは、今では様々なシーンで活用されているアイテムです。ビジネスシーンからプライベートまで幅広いシーンで活用でき、贈り物として重宝されています。ここでは、記念品やノベルティを購入するときの注意点についてお届けします。是非、記念品やノベルティを購入する際に参考にして下さいね。

購入数やアイテムの質について

在庫を前提とした記念品・ノベルティ選びで単価を抑える

記念品やノベルティと言うのは、大ロットで購入する方が1個当たりの単価を抑えることができます。
しかし、大ロットで記念品やノベルティを発注する場合には、すぐに全てを配布することはできませんよね。なので、記念品やノベルティの在庫を予測した上で、購入することが大切なポイントです。
例えば、あまりにも大きなロットで記念品やノベルティを発注してしまっては、計画通りにそれら全てのアイテムを配布することができないこともあります。ロット数が少ない場合には少し発注した際の単価は高くなりますが、個数確保は必須ですよね。大ロット購入した際に記念品やノベルティの在庫を抱えることになった場合に、コンスタントに配布することが可能なアイテム選定がコツです。そうすることで、在庫に考慮した記念品やノベルティの発注ができるのです。

在庫を見据えた記念品やノベルティ選びでは、基本的に流行に左右されないアイテムを選定するのがお勧めで重要です。
例えば、グラスやボールペンなどはお勧めアイテムで、実用性も高くて、手元にあっても使い道のあるアイテムは、贈った相手にも喜ばれます。
なので、食料品のような賞味期限のある物になってしまうと、在庫として抱えておくことができないので不向きと言えます。効果的で喜ばれる記念品やノベルティを発注する為には、在庫管理を考慮した上で、単価を抑えたアイテムを購入することがポイントです。

バカラ、ワイングッズ、グラス工芸品の記念品はこちら

高級ボールペン、高級筆記具、万年筆の記念品はこちら


賢い記念品やノベルティの購入には品質意識は欠かせない

記念品やノベルティを贈る場合には、配布することが見込める数だけ絞り、選定したアイテムを発注したいものです。
なので、小ロット発注した方が費用節約にも繋がる場合もあります。

しかし、このような発注方法を繰り返していると、結果的にはコストがかかってきてしまいます。なので、記念品やノベルティを配布する計画を立てた際に、アイテムの在庫を前提に発注することで効率的な購入をするのがお勧めです。このように、賢い記念品やノベルティの購入には、アイテムの在庫と品質をしっかり意識することが大切です。

梱包材の重要性・役割について

衝撃や損傷から保護する

記念品やノベルティを贈る際には、梱包も大事になります。基本的に、梱包の目的と言うのは、荷物を破損や衝撃から守ることですよね。例えば、発送された記念品やノベルティを贈が長時間トラックや飛行機などで運ばれるとなると、その際、荷物の下敷きになったり、仕分け中に落下したりするケースもあります。特に、割れやすいアイテムや傷つきやすい物と言うのは、緩衝材、段ボール、エアークッションと言うように細かい気遣いは大事になります。
梱包材までしっかり考えてあげることで、記念品やノベルティが届いた後にも、トラブルを避けることができます。

汚れ・臭い・水濡れなどからアイテムを守る

梱包する重要性と言うのは、壊れやすい物や傷付きやすい物以外にも、実は色々あります。例えば、グラスと一緒に配送されたお酒などが割れた場合、記念品やノベルティがしっかり梱包されていないと、汚れ・臭い・水濡れなどの被害を受けることになりますよね。また、雨の日のように悪天候な時も、記念品やノベルティが濡れてしまう可能性があります。
このように、色々なことが起こってもしっかり対応することができるよう、記念品やノベルティの梱包対策は事前に必要です。天災や配達中など、直接自分が関わることのできないシーンこそ、梱包を行うことによって未然にトラブルを防ぐことができます。

アイテムを素敵に魅せるラッピング効果

記念品やノベルティが相手に届いた際に、商品が綺麗に梱包してあるのを見ると、送ってきてくれた人の気持ちも伝わるので、受け取る側としても嬉しいものです。
また、気持ちを一言添えたカードなども一緒に封入してあると、一層素敵な贈り物になりますよね。
このように、梱包と言うのは、送り手の人柄を感じることができるものでもあり、ラッピングや梱包の気遣いは大切に思う気持ちが伝わるので、贈られた方も満足度が変わってきます。梱包と言うのは、ただ記念品やノベルティを送るのではなく、贈る気持ちが大切です。

アイテム購入時の納期について

一般的なノベルティグッズの納期の目安

記念品やノベルティの在庫の有無でも納期は変わってきますが、一般的な納期の目安を把握しておくと、実際に贈る際に役立つので覚えておきましょう。既に記念品やノベルティの在庫がある物に対して、印刷を行う場合になると約3週間が目安です。
また、記念品やノベルティの在庫が無く、国内生産される物に印刷する場合には約1カ月半が目安です。さらに、在庫が無く、国外生産する物に印刷をする場合は、約3カ月が目安です。他にも、フルオリジナルで記念品やノベルティを作る場合には、打ち合わせにより納期が決定していきます。
このように、色々なパターンによって納期の目安は異なるので、同時発注や複数納品先などあらゆるニーズにより、納期の目安を問い合わせておくのがお勧めです。

名入れ記念品についてもっと詳しく知りたい方はこちら